会計ソフトで無料のものを使用するとき

会計ソフトでは、有料のものと無料のものとが存在します。



有料のものであれば継続して数年間は使用出来る場合が当たり前であるのに対して、無料の会計ソフトでは単年度だけに使用を限定した方が良いケースも散見されるところです。

日本経済新聞の情報も多数ご用意しました。

有料であろうと無料であろうと、使用目的によっては有益になる場合もあればかえって害になる場合も存在するわけです。



たとえば税務署等官公庁に提出するための会計書類を作成する場合にあっては、適切に誤りなく作成が可能な会計ソフトであることが求められます。
したがって、無料のものではその配布されたときであればともかく、翌年度以降に不安が生じるでしょう。
税金関係などではよく税制改正という形で、大幅に見直されることがしばしばあります。
このとき、無料の会計ソフトではその配布された後の税制改正には対応をしない場合が多くあることから、会計関係書類の作成には向かない恐れが生じます。


すなわち、せっかく専用のソフトで作成をしても、そもそもソフト側が正しく作成しない場合もあるため、使用に当たっては慎重を期すべきところというものです。しかしながら、会計簿レベルのものやあるいは税制改正に対応が出来るもの、個人事業主などの場合であって使用者に十分な知識が存在するような場合には、こうしたソフトの利用でも間に合います。


したがって、使用者にとってその置かれている環境次第で、いずれのソフトを利用するべきかを考えれば済むわけです。